本を傷めない!キュービックスの「ラウンドジップブックカバー」 – good life note

本を傷めない!キュービックスの「ラウンドジップブックカバー」

SHARE


本をカバンに入れて持ち運ぶ際、本を傷めてしまった経験はありませんか?

私も基本的には布素材のブックカバーを装着し、持ち運ぶようにしています。また、本を入れる向きにも気を付け、ページが折れないようにしています。
それでも、雨に濡れてしまったり、ペットボトルの水滴が本についてしまったり、カバンの中に物をたくさん入れた際にページが折れてしまったりしたりし、がっかりしたことも。

また、人に借りた本や、大切に読みたい本などを持ち歩くのは少し不安という方もいるのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、今回紹介するキュービックスのブックカバーです。

スポンサーリンク

キュービックスのブックカバーとは?

株式会社エムプランという会社の文房具ブランド、キュービックスのブックカバーは、ラウンドジップ式のブックカバー。

今まであるようであまりなかった、本自体を全て覆ってしまうブックカバーで、これを使用することでこれまで気になっていたこと全てが解決できてしまいそうな気がします。

今回紹介しているのはブラックですが、他にも色はカーキとネイビーがあります。写真ではネイビーに見えるかもしれませんが、実際の色はブラックです。

また、柄付きのものや素材違いのものなど種類が豊富なので、自分の好みにあったものを購入することができますね。

サイズは残念ながら文庫サイズのみです。

スポンサーリンク

実際にブックカバーを使ってみた

まず中身を見てみると、しおり紐が付いていることがわかります。
たまーに栞がなくて困ることがあるのですが、これなら安心ですね。

早速ですが本にブックカバーを装着してみました。

閉じるとこんな感じ。

結構余裕があるので、ハヤカワ文庫にも使うことができますよ。
今家にハヤカワ文庫がなかったため、試せていませんが…。

分厚い本でも大丈夫!

約570ページある『コインロッカー・ベイビーズ』が入るかどうかも試してみました。

(家にある、一番厚みのある文庫本がこれでした)

普通に入ってくれました。

やはり結構大きく作られているようですね。

持ってみた感じ、この分厚さがマックスみたいです。

ただ、今まで別のブックカバーが装着できていた本であれば、基本的にはこのキュービックスのブックカバーでも装着できるはず。

キュービックスのブックカバーを使ってみた感想

初めてラウンドジップ式のブックカバーを使用してみて、やはり普通のブックカバーよりは大き目なので、慣れるまでは少し煩わしく感じるかもしれないと感じました。

ただ、カバンの中でページが折れてしまったりすることは確実になくなります。

見た目もシンプルで男女問わず使用できるため、全ての読書好きの人におすすめしたいブックカバーです。

売っている場所

私が購入したのは、大阪・心斎橋のスタンダードブックストアです。

おそらくその他の文房具店や大型書店でも取り扱っているお店があると思いますが、詳しくはわかりません。

amazon楽天市場でも取り扱いしているので、気になった方はネットで購入するのが確実だと思われます。

最後に

スポンサーリンク


\SHARE/


\Twitterフォロー/

あわせて読みたい

error: Content is protected !!