【書評】『ラヴレターズ』で著名人のラブレターを読んでみる – good life note

【書評】『ラヴレターズ』で著名人のラブレターを読んでみる

SHARE

出そうとしたことは何度もあるものの、結局出せたことのないラブレター。

今回は、そういう青春時代を思い浮かべながら読んだ『ラヴレターズ」という本を紹介します。

『ラヴレターズ』の内容

26人の作家、女優、画家、音楽家、タレント、映画監督など、26人が恋について書いたこの本。

その人その人の感性で、各自がラブレターを書いています。

実話と思えるような話もあれば、死んだペットから飼い主へのラブレターという体で文章を書いている方も。

内容は人へのラブレターとも限らず、ペットや場所(!)に当てたラブレターを書く人もいました。

私はラブレターと聞くと、「好きな人への告白のための手紙」というイメージしか持っていませんでしたし、もっときゅんきゅんするような本なのかなと思っていたので、一つの同じテーマで、こんなにバリエーション豊富な一つの作品となったのはとても興味深く面白いと感じました。

驚いたのは、松尾スズキさんは片桐はいりさんへ、加藤千恵さんは岡村靖幸さんへラブレターを書いていたこと。

「実名でラブレターを書くなんて!」と思いつつも、特別な恋愛感情があるわけではなさそうだったので、これはこれでありなのかな、と。

読者に見られていることが前提なので、手紙をのぞき見しているという感覚にはなれませんが、人の手紙って個性が出ていて面白いですよ。

ラブレターを書いた方々

この本でラブレターを書いた人は以下の通り。

作家だけでなく、映画監督・俳優なども参加しており、とても豪華なメンバーなんです。

  • 吉本ばなな/作家
  • 川上未映子/作家
  • 二階堂ふみ/女優
  • 西川美和/映画監督・作家
  • 壇蜜/タレント
  • 小池真理子/作家
  • 横尾忠則/美術家・作家
  • 山本容子/銅版画家
  • 俵万智/歌人
  • 桐野夏生/作家
  • 小島慶子/タレント・エッセイスト
  • 姫野カオルコ/作家
  • 山中千尋/ジャズピアニスト
  • 松尾スズキ/作家・演出家・俳優・脚本家・コラムニスト
  • 加藤千恵/歌人・作家
  • 松田青子/作家・翻訳家
  • 村田沙耶香/作家
  • 春風亭一之輔/落語家
  • 砂田麻美/映画監督・ドキュメンタリー作家
  • 中江有里/女優・作家
  • 島田雅彦/作家
  • 岩下尚史/作家・伝統文化評論家
  • 髙樹のぶ子/作家
  • 皆川博子/作家
  • 橋本治/作家
  • 長塚京三/俳優

私は二階堂ふみさんのファンでこの本に興味を持ちましたが、その他の方のラブレターも良かったです。

中でも壇蜜さんのラブレターが強烈な印象を残してくれました。

ただ、全ての話に言えることですが、フィクションなのかノンフィクションなのかが少しわかり辛いです。

インターネット時代だからこそ、手紙はぐっとくる

最近はSNSを利用する機会が多く、仕事でもメールを使うことが多くなっていませんか?

私もその通りですが、たまに少し手間のかかった、手書きの伝言や手紙をもらうと嬉しい気持ちになります。

自分の想いを伝えるなら、手紙を書いてみるといいかもしれません。

最近は便箋を使う機会が減っているので、誰かにラブレターを書いてみようかなと考えています。

最後に

私は本書を「自分がラブレターを書くならどういう文章を書くだろう」と想像しながら読みました。

これを読んだらラブレターを書きたくなる or 欲しくなるかもしれません。

エッセイでもない、小説でもない、不思議な一冊を読んでみませんか。

スポンサーリンク

こちらもよろしくお願いいたします!

\SHARE/

\Twitterフォロー/

あわせて読みたい

error: Content is protected !!