ネットで本を買う前に!eBookJapanの「立ち読み」で試し読み。 – good life note

ネットで本を買う前に!eBookJapanの「立ち読み」で試し読み。

SHARE


皆さんはネットで本を購入したものの、「思っていたような内容の本じゃなかった…orz」という経験はありませんか?

ネットで本を買うのは、便利な反面大きなデメリットもあります。

想像していた内容とのギャップ

昨今、本を注文した翌日中には届くサービスも多く、ネットで購入する方も多いと思います。

欲しい本をほんの数分の操作で手に入れることができるなんて、すごい世の中になったものです…

しかし、最近Amazonで見かけたのは、今流行している某ベストセラー本に対するこんな評価。

・書店で確認していたら、こんな本を買うことはなかったのに。電子書籍は難しい。
・タイトルと内容が一致していない。

せっかくお金を払って購入するのだったら、こんな気持ちになりたくないですよね。

きっと、この本が悪いわけではなく、想像していた内容と異なっていたため、マイナスのイメージを持ってしまったのでしょう。

実際、星5つの評価をしていた人と、星1つの評価をしていた人は同じぐらいの割合で存在しました。

本を買う前に、ネット上で中身を確認することができたら、良いと思いませんか?

ネット上で試し読みをする方法

実は、ネット上で試し読みをする方法があります。本全体の内容を確認したいのであれば、書店に行くしかありませんが、最初の数ページのみで良いのであれば、この方法は有効です。

その方法とは、eBookJapanという電子書籍販売のサイトで、「立ち読み」のサービスを利用するという方法。

eBookJapanは漫画の充実度が高いことで有名で、無料お試しのキャンペーンの対象であれば、有名作品であっても一冊まるごと無料で試し読みをすることもできます。

勿論、漫画以外の電子書籍販売も行っており、全ての書籍ではありませんが、「立ち読み」をすることが可能なんです。

ネットで購入する際のギャップを防ぐため、私のブログの本の紹介の記事では、ほとんどのページに「試し読みはこちら!」というリンクを入れています。

スポンサーリンク

立ち読み」のサービスを使用することのメリット

1.購入後の満足度がアップ

最初の数ページは本の中で一番面白いと言われる部分。ここが面白くないと、興味を持ってもらえないため、面白くなるよう工夫をされているはずです。

なので、立ち読みをして面白いと思える本であれば、買ってからの満足度は高くなると思われます。

最初に紹介した、レビューの評価は、「立ち読み」をして目次や内容を確認していれば、購入せずに済んだはず。

購入していなかったら、わざわざ低い評価のコメントもしてなかったですよね、きっと。

雑誌の場合は、特集記事まで到達しないことが多いため、「立ち読み」だけでは判断できない可能性が高いですが、値段的にも、安価であればあるほど、失敗した時のショックは少ないはずです。

2.いつでもどこでも簡単に中身を確認できる

最近は書店が減ってきています。しかも、大きな書店がある場所は限られていますし、中身を確認したい本も必ずしもあるとは限りません

そんな時でも、eBookJapanにアクセスさえできれば、「立ち読み」ができます。勿論、興味を持てばそのまま電子書籍を購入することも可です。

気になる本を見つけ、「今度書店に行くときに確認しよう」と思いつつも、忘れてしまっていることは誰にでもあると思います。

「立ち読み」サービスならすぐに中身を確認できるので、購入意欲も高まります

3.今まで知らなかった本にも興味を持てる

同じ出版社や同じ著者の作品なども、関連本として表示されるので、興味を持った本を「立ち読み」することで、今まで知らなかったような本にも興味を持つことができます。

何か、書店で本を探すのと少し似ていると思いませんか?

「ネットで本を買う」=「目的の本しか買わない」というようなイメージがありますが、このサービスでは、他の本との出会いも多いのが魅力の一つだと感じています!

最後に

私も最近よく利用していますが、最初の数ページ読むだけで、なんとなくの雰囲気はわかるのでとても重宝しています。

書籍販売サイトのhontoでも立ち読みはできますが、アプリのダウンロードをしないといけないので少々不便です。

それに比べ、eBookJapanは「立ち読み」だけであれば、登録も不要です。

気になった方は、ぜひ利用してみてください!

スポンサーリンク

こちらもよろしくお願いいたします!

\SHARE/

\Twitterフォロー/

あわせて読みたい

error: Content is protected !!