疲れている時に読みたい!おすすめの癒され本5選 – good life note

疲れている時に読みたい!おすすめの癒され本5選

SHARE

今回紹介するのは、疲れた時におすすめの5冊です。

本当に疲れている時は、小説なんて読む気分になれないので、気軽に楽しめる漫画本や写真集を中心に紹介します

私自身も、疲れた時に大変お世話になった&なっている本です!

\もうだめだーーーーーー/

という気持ちの方は、これらの本を読んで十分に癒されてくださいね。

おすすめの癒され本5選

1.『癒されたい日のぼのぼの』/いがらしみきお

ぼのぼのは1986年から続いている、いがらしみきおさんによる漫画。

だいぶ昔にアニメ化して放送されていましたが、また再アニメ化され、現在もフジテレビで毎週土曜日のAM4:52~5:00に放送されています。

本書では、数あるぼのぼのの漫画の中から、「癒されたいときに読みたい」漫画をセレクト。

「ぼのぼの」は、発表当初より4コマ漫画でありながら、哲学的だと評価されてきました。これまで読者の皆様からのハガキに、「泣きました」、「癒されました」、「かわいい」、「おもしろい」、「読んですっきりした」、「心がほっこりした」、「本質をついている」、「頑張ろうと思える」などの温かい声がたくさんありました。今回は、その中から「癒されたい日」に読んでほしい作品を選びました。

引用:amazon

ぼのぼの、シマリスくん、アライグマくんを始めとした愛らしいキャラクターのやり取りがとにかく微笑ましいです。

そして、哲学的な言葉がわたしたちに「頑張りすぎなくてもいいんだ」という気持ちを与えてくれます。

一応四コマ漫画なのですが、1章ごとにテーマが分かれているので(第1章~第6章で構成)、まとめて読んでしまうことをおすすめします。

もちろん、これを読むだけでも癒されますが、私がおすすめしたいのはアニメを見ること。

私はぼのぼのの漫画を読むとき、アニメの声で脳内再生しているので、癒し効果は倍増しています!

ちなみに、本書はAmazon unlimitedの対象本です。

2.『ぼのちゃん』/いがらしみきお

またまたいがらしさんの本。

本書は、表紙からもだいたい想像できるとは思いますが、ぼのぼのとその仲間たちの幼少期を4コマ漫画で描いた本です。

ボクは生まれたばたりでまだなにもできなかったんだよ――

ぼのぼの連載30周年記念作品。まだなにもできない赤ちゃんのぼのぼのと育児に奮闘するおとうさんの姿を描いたお話。
はじめてのハイハイ、はじめての言葉、はじめてのお友達。たくさんのはじめてでぼのちゃんはできています。

全ページフルカラー、描き下ろしパラパラまんが付き。今1番癒される4コマの誕生。

引用:amazon

出てくるのは、

  • ぼのちゃんとおとうさん
  • アライグマちゃんとおとうさん
  • シマリスちゃんとおとうさん

というように、3人のおとうさんが子育てをする様子がユーモアたっぷりに描かれています。

「子供向けの本かな」と思いましたが、大人でもとても癒され、優しい気持ちになれました。

特に子育て中のおとうさん、おかあさんに読んでいただきたいです。

他にも同じシリーズの本が3冊出ているので要チェックです!

3.『パンといっぴき』/桑原奈津子

料理研究家の桑原さん家の、「朝食(パンがメイン)」が気になる「1ぴき(名前:キップル)」の写真がとてもキュートな一冊。

朝食の写真と犬の写真。それぞれの魅力が合わさり、魅力は数倍増となっています。

パンはおいしそうですし、犬も可愛いので、どちらも好きな人にはたまらないのではないでしょうか。

本の中身は残念ながらお見せできませんが、桑原さんは現在も継続的にTwitterに「パンといっぴき」の写真をアップされています。

本書の巻末には、本書で登場するパン屋のリストや、お菓子・ドリンクのレシピも載っているので、本当に盛りだくさんの本となっています。

犬好き、パン好きの人必見の一冊です。

スポンサーリンク

4.『マムアン げんきがでる編』/ウィスット・ポンニミット

タイ・バンコク生まれのタムさん(愛称)が書く、マムアンちゃん。

『リンネル』などの女性誌などで連載もされているので知っている方も多いと思います。

本書では、ひとつひとつのイラストに、元気の出る言葉が添えられています。

新規描きおろしの作品が60点収録されているので、たくさんのメッセージで心を癒しましょう。

中には、元気になるだけでなく、考えさせられるようなメッセージもありますが、すっと入ってくる言葉ばかりです。

個人的には、絵だけでなく、タムさんの書く味のある文字も大好きです。

本から切り取って、部屋に飾っておきたくなるようなページがたくさんあり、とても気に入っている一冊です。

出展:ViVO,VA online market

 

5.『ネコノヒー 1』/キューライス

Twitterで話題のキューライスさんのネコノヒーシリーズ。

私が初めてこの方の作品を知ったのも、やはりTwitterでした。

基本的には、このようなかわいそうな内容が続きますが、たまーに報われるのが見ていて微笑ましかったです。

しばらくは「success!!」が口癖になりそう。

本を買わなくてもTwitterやブログで見ることのできる4コマ漫画ばかりなのですが、ネットで見て気になった方はぜひ書籍で読んでいただきたいです。

帯の裏にも書いていますが、世界一”ほっとけない”猫マンガだと思います。

「ネコノヒー 1」とあるので、続編にも期待大です!

最後に

本当に疲れているときは、何もする気分になれないと思いますが、今回紹介した本を読むことで、少しでも癒されて元気になってもらえることを期待しています!

気になった本があればぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

SHARE

*-------------------------------------------------*

よかったらTwitterのフォローもお願いします!

*-------------------------------------------------*

あわせて読みたい