【書評】『わが家のお金を、整える』で学ぶ、家計管理の方法とコツ – good life note

【書評】『わが家のお金を、整える』で学ぶ、家計管理の方法とコツ

SHARE

今回紹介する本は、『わが家のお金を、整える』です。

お金に関する悩みは誰にでもあるのではないでしょうか。

各家庭によって考え方は違うでしょうが、この本を読むことで、何かヒントを得られるはずです。

参考になるようなことを積極的に取り入れることで、悩みを少しでもクリアにできると良いですね。

『わが家のお金を、整える』の内容

どれぐらい稼いだら、私たちは幸せになれるのでしょう?
「お金」って、いったい何なのでしょうか?
その答えが知りたくて、今回いろいろな方に
「お金」にまつわる話をうかがいに行きました。
引用元:「わが家のお金を、整える(P2)」

この本には、様々な家計管理の達人が出てきます。

家庭の主婦、雑貨店店主、文筆家、スタイリスト、ファイナンシャルプランナー、投資家など職業は様々ですが、皆さんきちんとお金について考えられ、独自の考えを持っています。

文章も多いですが、写真も多いので、視覚的に楽しむこともできます。

「お金」に関する実用書のようなものではないので、気軽に読むことができるのもこの本の魅力です!

スポンサーリンク

実際に参考になったこと

私が、本書を読み、実際に参考になったと感じたことを紹介します。

1.2個ずつ買って”ものもち度”を上げる

よく使うものは、2個ずつ買い、1つの使用頻度を減らすことで、長く使いましょうという内容。

私はせっかく2個買うのだったら、違うものを買って楽しみたいと思ってしまうタイプでしたが、最近は気に入ったデザインのものは、色違いで買ったりしています

以前、とてもお気に入りの4年ほど履いていたボトムスを処分したときに、とても悲しかったからです。

後、この本で紹介されている訳ではないのですが、破れやすいストッキングや毛玉ができやすい靴下は、同じ種類のものを買うほうが良いです。

片方が破けても、破れていない方同士を組み合わせて長く履くことができます!

2.葉物野菜をゆでるときはフライパンで

「野菜をゆでる時は、お鍋でゆでる」ということが常識と思っていました。

フライパンは浅くて火にあたる面が広くすぐにお湯が沸き、水道代とガス代だけでなく時間の節約にもなるため、このようにフライパンでゆでている人もいるようです。

少量の場合は、確かにフライパンでも良いかもしれません。

実際に試してみると、問題なくゆでることができました。

3.「食」にだけはお金をかける

食費を節約することも大切ですが、あまりにも「節約節約!となってしまうと、必要な栄養が取れなく体調を崩してしまう恐れもあります。

頑張って働いていても、食事が貧相だとやる気も出ませんよね。

料理の味を決める調味料も、場合によっては少し高くても身体に良さそうなものを選ぶことも大切です。

別に身体に良さそうなものでなくても、気に入ったものがあってそれを使って幸せな気分になれるのであれば、安い買い物だと思います。

私は柚子が好きなので、少し割高であっても、柚子風味のソース、柚子風味の味噌などを見つけたら買ってしまいます…!

まとめ

私は約2年前に一人暮らしを始め、約1年前に結婚をしましたが、それまでは親に何でも任せきりで、何にどれぐらいお金が必要なのかさえも把握できていませんでした。

その状態からいろいろな知識を得て、ほとんど自分ひとりで出来るようになりましたが、あまり友人や知り合いと家計や家事のことについて話す機会というのはありませんでした。

必要なことばかりしか調べていないと、役立つ情報や、一般的には常識と思われているようなことでさえも、知らないまま過ごしてしまっているかもしれないですよね

他の方の知恵をお借りすることができるので、このような本を読むことで、定期的な情報収集をすることも大切だと考えます。

ネットの情報でも良いのですが、私は定期的に見直せる本のほうが良いかなと思っています。

家計管理について興味のある方はぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

SHARE

*-------------------------------------------------*

よかったらTwitterのフォローもお願いします!

*-------------------------------------------------*

あわせて読みたい