直島の「地中美術館」で美しい現代アートに触れる – good life note

直島の「地中美術館」で美しい現代アートに触れる

SHARE

先日、数年ぶりに瀬戸内海に浮かぶ離島・直島(香川県直島町)に行きました。

今回は数ある観光スポットの中でも、特に大好きな地中美術館の紹介をしたいと思います。

地中美術館とは?

2004年7月18日に開設された地中美術館は、名前通り、建物の大半が地中にある美術館です。

世界的な建築家である、安藤忠雄さんが建築を設計しましたが、直島の風景を損なうことのないよう、あえて外観のない建築を設計したようです。

私は2回しか行ったことがありませんが、今までに行った美術館の中で一番好きな美術館です。

地中美術館の展示作品とその他の魅力

展示作品は大きく分けて3種類あり、各作品がそれぞれの部屋に展示されています。

全ての作品に共通して言えることは、作品のみではなく、部屋と作品を合わせて一つの作品としているということ。

天井には光の差し込むスペースがあり、地下でありながら、自然光で作品を見ることができるように設計されています。

※地中美術館の中は撮影NGです。

クロード・モネ

出典:ベネッセアートサイト直島

クロード・モネの部屋には、4つの作品が展示されています。

すべて「睡蓮」の絵ですが、角のない壁、大理石や漆喰を使った白の演出など、随所にモネのアイデアが再現されています。

モネは白い背景を好んでいたようで、この美術館でもそれが反映されているようです。

晴れの日にしか行ったことがないのですが、「自然光だけでこんなに明るく見えるんだ」と感動しました。

そして、何より空間とモネの作品がマッチしていて素晴らしいです。

モネの作品は何度か他の美術館で観る機会がありましたが、この美術館で観るのが一番だと思っています。

この部屋を観るためだけに地中美術館を訪れる人も多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ジェームズ・タレル

出典:地中美術館

ジェームズ・タレルの部屋では3つの作品を展示。

その中の、「オープン・フィールド」、「オープン・スカイ」は、光の中に入り、光を体感できるような作品となっています。

元々、タレルは外から光を眺めるような作品を中心に作っていましたが、最近の作品は、光に入り、光に包まれるような作品になりつつあるようです。

3つの作品により、タレルの光の扱い方の変遷を知ることもできます。

私は特に、上下も奥行も定かではない光の中を歩いていくことができる、「オープン・フィールド」がお気に入りです。

光の中を歩く際、スタッフの方が、「ここまでは歩いて大丈夫です」と教えてくれるのですが、「これ以上奥に進もうとしたらどうなるのだろう」と毎度思います。

ウォルター・デ・マリア

出典:地中美術館

ウォルター・デ・マリアの部屋には「タイム/タイムレス/ノー・タイム」という作品が展示されています。

2つの花崗岩(かこうがん)の球体と、三角、四角、五角柱がセットになった金箔張りの木製の彫刻2対からなる空間を、ひとつの作品としています。

一つ一つの彫刻作品として見るのではなく、これらが構成する空間を体験することで、作品をより理解することができます

私はこの作品については正直あまりよく理解できていないのですが、作品に圧巻されてしまう素晴らしい空間です。

安藤忠雄の建築

出典:地中美術館

忘れてはいけないのが、地中美術館とは切っても切り離せない存在の安藤忠雄さんの建築です。

四角形や三角形の中庭、家具(木製のベンチ、イス、机)までもが、直島のためにオリジナルで制作されたものです。

先日、地中美術館に行った際、前を歩いていた男性2人組が、「この建築は安藤忠雄っぽいなぁ」などと言っていました。

「安藤忠雄っぽい」と言われるような知名度の高い建築家は、日本では希有の存在なのではないでしょうか。

地中の庭

これまで紹介した作品以外に、じっくり観ていただきたいのは、美術館の外にある地中の庭です。

この庭は別名「モネの庭」とも言われており、モネの愛した植物がセレクトされています

スイレン・アガパンサス・シダレヤナギ・アイリスなど、約150種類の草花と40種類の樹木を楽しむことができ、季節ごとに風景は変わるので、何度行っても楽しめます。

地中美術館のアクセス

直島までの行き方は、今回は省略させていただきますが、関西の方は以下のサイトさんがまとめられているのでご参照ください。

参考:ふらっと ―京都・大阪・神戸から直島への行き方まとめ(新幹線・在来線・フェリー・高速バス)

まず、フェリーで宮浦港に着いたら、すぐ近くにあるバス乗り場から地中美術館へ向かうことができます。

「直島町営バス」は、フェリーの発着所である宮浦港から、つつじ荘までの間(所要時間9分)を運行しています。

つつじ荘から先は、ベネッセアートサイト直島エリアなので、徒歩(約30分)もしくは「ベネッセアートサイト直島場内シャトルバス」(つつじ荘から地中美術館までは所要時間7分)に乗り換え、地中美術館まで向かいます。

一日に一本(混雑時は臨時もありますが)、宮浦港から地中美術館までの直行便もあります。

地中美術館のチケットについて

チケットは、地中美術館から徒歩3分ほどの場所にある、地中美術館チケットセンターで購入しなければなりません。

土日祝や長期休暇の際は、混雑するので整理券が配られ、人数の規制がかかるようになっています。

初めて地中美術館に行った際、かなり混雑しており整理券もギリギリもらうことができるという状況だったため、先日行く際にはあらかじめ、来館時間を指定して事前購入できる「日時指定の鑑賞チケット」(美術館の混雑が予想される日のみ購入できる)の申し込みをしておきました。

ただ、余裕を持った時間で指定をしてしまうと、長く待ち時間が発生してしまうので、注意が必要です。

地中美術館のチケットは2060円という、割とお高めの設定となっていますが、値段以上の価値のある美術館です!

まとめ

この記事を読み、地中美術館に興味を持っていただければ幸いです。

私もこの記事を書き、また直島に行きたくなりました。

スポンサーリンク

SHARE

*-------------------------------------------------*

よかったらTwitterのフォローもお願いします!

*-------------------------------------------------*

あわせて読みたい