大阪市阿倍野区の古書店「居留守文庫」へ – good life note

大阪市阿倍野区の古書店「居留守文庫」へ

SHARE

気分転換に、気になっていた古書店の居留守文庫へ行くことに。

居留守文庫の特徴

目的地に近づくにつれ、住宅が多くなってきたため、こんなところにお店があるのかな?と不安になりましたが、住宅街で無事、居留守文庫を発見しました。1階が店舗、2階が住居になっているようです。

本好き、書店好きの私にとっては、夢のような外観です!

このお店の本棚は、ただの本棚ではありません。本が詰まった小さな木箱の集合体のようなイメージを持ってもらえれば良いかなと思います。

居留守文庫のホームページでは、お店について、以下のように紹介しています。

小さな木箱に本が詰まっています。ジャンル、テーマ、キーワード、著者、出版社いろんな分類方法で、本を小分けしています。木箱は時には整然と、時には変な形に、思いのままに積み重ねることができます。探索するのが楽しくなるような空間で、本との素敵な出会いと発見、そしてくつろぎの時間を提供します。

居留守文庫では古本の買取・販売だけでなく、アーティストやお店のオーナーさんから一般の方まで出品できる委託販売やギャラリー展示などにも取り組んでいます。
引用元:居留守文庫ホームページ

スタンプカードにも同じ文言が記載されていました。

どんな本があるの?

本棚には、小説、新書、ビジネス書、雑誌、漫画、写真集、アート本など、様々なジャンルの本が並んでいましたが、手前のほうには割と新しく誰でも手に取りやすい本、奥のほうにはより古く、希少価値のあるような本が並んでいました。

ただ、木箱の位置やレイアウトは時間とともに変わっていくようなので、次に行ったときには変わっているのかもしれません。お店にはイスもあり、ゆっくり本を選ぶこともできます

スポンサーリンク

私は、『本は、これから(池澤夏樹 編)』と『生きるコント(大宮エリー)』を購入しました。新品に近いほどの美品でしたが500円で購入することができました。

居留守文庫のコンセプト

この居留守文庫のホームページにはコンセプトも書かれており、それがまた面白いです。古書店にできることを考え、いろいろと工夫されています。また、「居留守文庫は物語の舞台である」とした上で、

古本がある。あなたがやってきて、本を手に取る。古本屋という舞台はあなたと本の、二つの物語が交わる点である。無数の点が日々現れるが、一つ一つは奇跡のような点である。

この点が出現する舞台を作っていることを大きな喜びとして、よりよい出会いが一つでも多く生まれるよう店作りに励みたい。
引用元:居留守文庫ホームページ「コンセプト」

という目標も掲げています。多くのお客さんが訪れることで、この古書店も進化し続けるのでしょう。

興味のある方はぜひ。

<住所>大阪市阿倍野区文の里3-4-29
<TEL> 06-6654-3932
<営業時間>10時~19時
<定休日>火曜日
<アクセス> 谷町線「文の里駅」 徒歩4分 /JR阪和線「美章園駅」 徒歩6分 /御堂筋線「昭和町駅」 徒歩8分

スポンサーリンク

SHARE

*-------------------------------------------------*

よかったらTwitterのフォローもお願いします!

*-------------------------------------------------*

あわせて読みたい