【書評】『モノは好き、でも身軽に生きたい。』でモノについて考える – good life note

【書評】『モノは好き、でも身軽に生きたい。』でモノについて考える

SHARE

今回紹介するのは、整理収納コンサルタントである、本多さおりさんの『モノは好き、でも身軽に生きたい。』です。

本多さんの考え方に共感して

本多さんの本は何冊か読んでいますが、最初に読んだのが、本書でした。

私もモノが好きではあるものの、シンプルな生活を目指したいと思っていた時にこの本を見つけました。

まさに、自分の理想の生活がこの中に詰まっていました。

本当に大切なものだけを必要な分だけ、所有するという考え方。

とても簡単なようで、とても難しいことです。

本当はそこまで好きでもないデザインなのに、安いという理由だけで買ってしまったものや、昔買ってあまり気に入ってないけれど、ダラダラと使い続けているもの。

そういうものは少なからず誰の家でもあるのではないでしょうか。

本多さんは、「簡単には買わないこと」を心掛け、常に身軽な状態で生活をしています。

近年流行している断捨離を、「そもそも、行わないようなモノの選び方をしよう」というのが本多さんの考え方です。

本書の内容

本書を読むと、すべてのモノに思い入れがあり、すべてを十分に使いこなしていることがわかります。

所有している服、食器、アクセサリーやカバンの中身、お気に入りのモノなどの写真が掲載されていますが、どれも素敵で、大切にされているのが伝わってきました。

他にも、本多さんが気になる方のカバンの中身や、リピートしているモノ、無印良品の商品部の方との対談なども掲載されており、盛りだくさんの内容となっています。

本書では、本多さんのモノ選びのルールや生活改善についての内容がほとんどで、部屋の収納にはあまり触れられていません。

収納に関しては、彼女の他の著書で多数紹介されているので、気になる方は読んでみてください。

最後に

モノの適正量を考えることの大切さや、モノ選びにルールを設けることなど、お手本にしたいようなことが沢山書かれていました。

モノとの付き合い方に悩んでいる方、改善したい方は是非この本を読んでみてください。

スポンサーリンク

SHARE

*-------------------------------------------------*

よかったらTwitterのフォローもお願いします!

*-------------------------------------------------*

あわせて読みたい