サビ落としをするならコレ!「金属みがき ピカピカン」で簡単にピカピカに – good life note

サビ落としをするならコレ!「金属みがき ピカピカン」で簡単にピカピカに

SHARE

最近中古マンションに引っ越しをしました。

リフォームで新しくした箇所がほとんどなのですが、付け替えをしなかった取っ手がサビのせいで汚く、とても気になっていました。

「金属みがき」を用いたサビ落としの方法

取っ手のサビは業者さんでも取れなかったと聞き、「気になるのであれば付け替えるしかないのかな?」と思いましたが、物は試しです。

以前からよく使っていた「金属みがき」で磨いてみました。

既に、家中の取っ手の、ほとんどのサビを取ってしまっているので、少し見えづらいですが、取っ手の裏側のサビをとっていきます。

まだ青サビが結構ついてますね。

触るととてもザラザラしていますし、見栄えも良くないです。

缶の中のワタを適量ちぎって擦ると…ワタに汚れがついていくのがわかります。

このとき手も真っ黒になるので注意してください。

そしてティッシュなどで取っ手の汚れを拭うと…

じゃじゃん!

なんとこんなにピカピカになりました!!

スポンサーリンク

金属みがきの使用用途

適応材質は金、銀、胴、真ちゅう、ブリキ、鉄、ステンレス、アルミ、ホーローなどの金属なので、ドアノブ以外にも、自転車の金属部分、真ちゅう仏具、蛇口、工具、ハサミ、メダル、管楽器などに使用することができます。

私はハンガー、iPod touch(初期)などをみがきました。

これらもビフォーアフターの写真を撮っておけばよかったと思うぐらい、きれいになりました!

最後に

「金属みがき」でみがく度、期待以上にピカピカになるのでとても感動します

ワタなので傷がつくこともないです。

騙されたと思って、ぜひ一度使用してみてください!

スポンサーリンク

SHARE

*-------------------------------------------------*

よかったらTwitterのフォローもお願いします!

*-------------------------------------------------*

あわせて読みたい